厳選5社を比較!おすすめのウォーターサーバーはどれだ?

管理人の私が厳選したウォーターサーバー5社を徹底比較!
総合的に見て順位をつけさせてもらいました。

各項目での比較は後にするとして、まずはランキングをチェックしてみてください!
かなり自信のあるランキングです。

管理人的ウォーターサーバーおすすめランキング

第1位 フレシャス(FRECIOUS)

第1位はフレシャスです!
私、管理人も現在も利用中です。(機種はデュオ)

2016年グッドデザイン賞受賞のスラットなどおしゃれで人気のサーバーがたくさん!
見た目だけではなく、使いやすさや衛生面、機能などはダントツナンバーワンがフレシャスです。

ただ、他ウォーターサーバーよりもちょっと高いのがネック。
とは言っても言うほど高いわけではないのでおすすめ。

他ウォーターサーバー料金との差以上の価値があるウォーターサーバーです!

フレシャスについてもっと詳しく書いています!

第2位 コスモウォーター

コスモウォーターはかなりコスパの良いウォーターサーバーです。
天然水は3種類、RO水は1種類から選ぶことができるのですが、1番安い天然水なら月に3,520円から利用できるのでおすすめです。

サーバーは3種類ありますが、ボトル交換が下置きでかんたん楽ちんな「らく楽スタイルウォーターサーバーsmart」を選ぶといいと思います。

ボトル交換が楽なこと、電気代が安いこと、衛生機能もついていることがその理由です。

第3位 うるのん

第3位はうるのんです。
TVCMで知っている方も多いのではないでしょうか?
うるのんも天然水とRO水が選べます。

選ぶ水によってサーバーのレンタル料金が変わるので注意してください。

うるのんもコスパの良いウォーターサーバーです。
最新のエコサーバー『Grande』がおすすめです。

第4位 プレミアムウォーター

プレミアムウォーターについてもっと詳しく書いています!

第5位 クリクラミオ

ウォーターサーバーってどうやって選べばいい?

まずは目的・重視ポイントを明確に

ウォーターサーバーって種類がかなり多く、どれを選べばいいのかよくわかりませんよね。

まず、あなたが「ウォーターサーバーを使いたい」と思ったキッカケはなんでしたか?

実はその動機が結構重要だったりします。
友達の家で見た時おしゃれでかっこよかったから?
それならおしゃれなデザインのものを選びましょう。

出産を控えていて、赤ちゃんのミルク作りをスムーズにしたいと思ったから?
それなら安全で衛生的、さらに女性でも使いやすいものを選びましょう。

このようにはじめのキッカケがあなたが重視しているポイントとなります。
はじめから値段が安いものを探す人がいますが、それでは後悔することになるでしょう。

確かに、毎月払うものなので安いものを選ぶほうがいいのですが、たった数百円の差で安いものを選んでしまって失敗したくありませんよね。

まずはあなたが重視するポイントを明確にして、気になるウォーターサーバーを探してみましょう。

そして初めて料金をじっくりチェックしてみてください。
このウォーターサーバーが気になるけど、このくらいの料金なら払える・これはちょっと高いからやめておこう、と最終的に判断すればOKです。

なので気になるウォーターサーバーを2つか3つピックアップしておくとウォーターサーバー選びがスムーズになります。

そうしたら次は、実際にウォーターサーバーのチェックポイントを見ていきましょう。

水の種類をチェック

まずチェックする点は『どんな水を使っているのか』です。
ウォーターサーバーのお水には2種類のお水があります。

ひとつは天然水。もうひとつはRO水です。

天然水は富士山の麓などから採取し、殺菌処理されたお水。RO水は水道水などの安全な原水をRO膜というフィルターでろ過した純水にミネラルを人工的に添加したものです。

RO水の方が断然安いのですが、RO水を選ぶと注文ノルマが増えたりするウォーターサーバーが多いです。

当サイトは『天然水が飲めるウォーターサーバー』限定で比較・ご紹介していますが、RO水のウォーターサーバーを使いたいなら大手の「アクアクララ」か「クリクラ」が良いでしょう。

各料金をチェック

ウォーターサーバーの料金はたくさんの項目から成り立ち、それぞれのウォーターサーバーで料金体系が違うからとってもややこしいです。

ウォーターサーバーの料金項目としてよくあるのは「レンタル料」「送料」「お水」が主なものです。

ただこれだけチェックしてもダメです。
これらとは他に必ずチェックして欲しい項目が「電気代」「注文ノルマ」「解約金と契約期間」です。

ウォーターサーバーはずっと電気が必要ですので(電源を抜いておくとお水やサーバーを衛生的に保てない)電気代がかかります。
電気代は使用状況によって異なるので目安でしかありませんが、チェックしておくといいでしょう。

次に注文ノルマですが、これは毎月(ウォーターサーバーによって○週間ごとなど配送周期の場合もある)注文しなければならないお水の量です。

極端な例を出すと、例えばお水の料金が1,000円だとして「安い!」と契約します。しかし注文ノルマが「100本」で月に100,000円かかっちゃった!となるのがノルマです。

すみません、例が極端過ぎました。実際のノルマは2〜3本(24〜36L)がほとんどです。ノルマがないウォーターサーバーもあります。要は水の料金だけに惑わされないでくださいということです。

最後に解約金と契約期間についてです。
ほとんどのウォーターサーバーが契約期間内での解約に解約金(違約金)を課します。

だいたいですが1〜3年契約です。(プランによっても違う)
契約期間が長いプランなどは水の料金が安くなっていたりします。

解約金はだいたい10,000円〜20,000円とちょっとお高めなので、後味の悪い解約にならないためにもはじめにチェックしておきましょう。

あとは好みでデザインや機能・使いやすさをチェック

デザインはひと目みれば良いのですが、機能や使いやすさもチェックしておいたほうが良いです。
機能は公式のサイトか紹介記事を見ればわかります。

使いやすさは口コミなどを見るしかないでしょう。

ウォーターサーバーなんてどれも同じと思ってしまうかもしれまんが、使いやすさや機能はかなり差があるので要チェックです。

ウォーターサーバーの比較サイトがわかりやすい。でも見るサイトはなんでもいいわけじゃない

ウォーターサーバーの比較サイトは各料金などを分かりやすく比較したり紹介してくれているのでとても便利です。
当サイトも比較サイトですねw

比較サイトもかなりの数があってわけがわかりません。

「ウォーターサーバー 比較」と検索するとかなり多くのサイトがみられます。
ただ、検索の上の方にいるサイトだからといって情報が正しい訳ではありません。

私が見ていても情報が古いものや間違っているものも多く見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です